血液をさらさらにする

サプリ

血栓が少なくなる

EPAはイワシやサバなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸で、同じオメガ3脂肪酸であるDHAが脳や神経系に働きかけるのに対して血液に対して働きかける性質があります。脳梗塞や心筋梗塞の原因になる血栓の生成を防ぐ効果があります。常温では固まりにくい性質を持つため血液の粘土が低下し、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでいるのです。EPAを多く摂取している人は赤血球の外側の膜が柔らかくなり、毛細血管のように非常に細い血管にも赤血球が入り込むことができるので体の隅々にまで栄養素が行き渡ります。厚生労働省ではEPAとDHAの両方で1日1000mg以上取ることを推奨していますが、青魚に多く含まれる成分であることとEPAが熱に弱い性質であることより食事で摂取することは難しく、サプリメントの利用が合理的です。

相乗効果を狙う

多くのEPAのサプリメントが販売されていますが、DHAと一緒に配合されていることが多くなっています。厚生労働省の推奨基準にあるようにDHAとあわせて必要量を摂取すれば十分であることと、両方の成分を一緒にサプリメントで摂れば相乗効果も得られるからです。サプリメントの選択基準はEPAの含有量と他に含まれる成分の種類になります。特にDHAには記憶力や判断力、視力回復の効果があるとされていますので、こういった効果に興味がある方はDHAの成分量についてもチェックすべきでしょう。加齢による認知機能の低下を防ぐ目的ならば年齢を考慮して骨に良いビタミンDが配合されているものや、EPAを酸化から守る成分を配合したものなどもお勧めです。